サンフランシスコでおきにいりの鮮魚店 Sun Fat Seafood

サンファットシーフード(Sun Fat Seafood)

2687 Mission St, San Francisco, CA 94110

yelp: https://www.yelp.com/biz/sun-fat-seafood-company-san-francisco

行きにくい場所にあるので、民間タクシーのLYFTやUBERで行く事をお勧めします。
muniバス49または14でMission St & 23rd St下車 徒歩1分
bartのPittsburg/Bay Point – SFIA/Millbrae行き24th St Mission Station下車 徒歩2分

サンフランシスコでは、最近はホールフーズ、ジャパンタウン、フェリービルディングなどでも新鮮な魚介が手に入りますが、私はここがお気に入りです。物価の高いサンフランシスコなので安くはないですが、高すぎることは決してありません。レストランで食べるよりはかなり安いです。生きているダンジネスクラブ、ロブスター。生のいかたこ、1ドルの生食可能の牡蠣。サバ、タイ、ムール貝、殻付きのエビ。運が良ければ殻付きのウニにも出会えます。

サンフランシスコ市内の多くの鮮魚小売店やファーマーズマーケットは強烈な匂いがし、冷蔵保存状態も良くなく、ハエが大量に飛んでいることが多い中、ここは鮮魚店独特の生臭さは少なめです。水の循環も氷での保存方もしっかりしているので衛生面は徹底している感じがします。混んでいる金曜、祝日は汚い日もありますが…

年越し前には店外に行列ができるほど人気ですが、列の進みは早いです。
ビュッフェのように、自分の好きなものを好きなだけ袋に詰めていき、量り売りをしてくれるシステムです。さながらシーフードのアミューズメントパーク!カリフォルニアの旬のさかなをたくさん取り扱っています。

 

クレジット可。氷も購入可能です。

 

おすすめの理由

  • 自分で袋に入れる量り売りなので、言葉で伝える必要がなく好きな分量をゆっくり選べます。
  • 店内が割と清潔です。魚の保管状態もいいです。
  • 魚屋専門のお店なだけあって、サンフランシスコの中では一番魚介の種類が豊富です。
  • 魚をまるまる1匹で買う場合、お好みで店員さんが内蔵を処理したり好みの大きさに捌いてくれます。どの店員さんもとても親切なので、聞けばその魚がどんな調理に向いているかなども教えてくれます。
  • 魚や貝やえび等はもちろんのこと、大きなナマダコ、イカ、シーズンによっては’殻付き生うに’も置いています。伊勢海老は冷凍で尻尾の部分しか置いていませんでした。お正月シーズンには有頭伊勢海老はにじやマーケットで取り扱っています。
  • 衛生状態の良い生簀でダンジネスクラブとロブスターを保管していて、量り売りしてくれます。
  • 解凍されたサバは年中売っています。(我が家では味噌煮、幽庵焼き、塩焼きなどでいただきます)
  • たまにモントレーからのイワシも売っています。
  • ワカサギも売っていますが、日本のものより大味で美味しくなかったです。種類が違うのかな…
  • アジは売っていないですが写真を見せたところハサハサという魚と見た目が似ていると言われました。ハサハサは和名グルクマ、調べたところお刺身や塩焼きには特に向いておらず、あまり美味しい魚ではないそうです。アジはチャイナタウンで鮮度の悪いものを見かけたことがあります。にじやにもたまに超高級アジが築地から送られてきて売っています。にじやにはお刺身用アジとアジフライ派売っているんですけどね。私は安くて新鮮なものを一尾買って捌きたいんですよね…日本では当たり前なことができないのがサンフランシスコです。残念…
  • 種類豊富な殻付き牡蠣は1つ1~2ドルです。生で食べられるそうです。
  • アサリやハマグリは砂抜きされています。
  • 購入前に貝類の殻が割れていないかチェックしてくれて、もし良くないものを選んでしまっていたら割れていないものに取り替えてくれます。
  • 丸ごとで売っている魚を生で食べられるか聞いたところ、鯛や一部の魚は可能だそうです。ものすごく一尾が大きいですが。
  • 少しですがお刺身も売っています。

 

殻付き牡蠣

スクリーンショット 2016-03-05 13.41.49

生でも食べられる殻付き牡蠣が1個1ドル。種類も10種類位あります。自分で選んで袋に詰めます。
焼きガキ用の20cm級特大殻付き牡蠣も1個1ドル。
あさり、ハマグリは塩抜き済み。5.99lb-9,99lb

→焼きガキ用殻付き牡蠣の美味しい食べ方紹介
牡蠣を600wのレンジで2分チンするとフタが開きます。(開かなかったら時間追加)フタを取り、牡蠣の上に’’たまねぎみじん、ガーリックみじん、バター、溶けるチーズ、パン粉’’を乗せて、オーブンで良い焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり!

 ライブロブスター

R0015350

活きの良いロブスター。お願いすると店員さんが選んだものをトングでとってくれます。元気がないものを選んだ時、元気があるものに交換してくれました。とっても親切です。13lbくらい

→美味しいベイクロブスターの作り方紹介
ロブスターを半分に縦に切って、塩を振る。溶かしバターと炒めたニンニクみじんぎり、チーズ、パセリをかけて、オーブンで良い焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり!

ライブダンジネスクラブ

R0015351

活きの良いダンジネスクラブ。15lbくらい

→美味しいチリクラブの作り方紹介
ニンニクみじん、生姜みじん、レモングラスみじんを軽く炒める。チキンブロース400cc、チリソース1/4カップ、ケチャップ1/8カップ、砂糖、しょうゆ、ゴマ油を加えて煮る。茹でたダンジネスクラブを投入し、絡んだら、ときたまごを入れかきたまをつくる。水溶き片栗粉でとろみをつける。小口ねぎで飾る。 ふわふわのパンと一緒にいただきましょう。

有頭殻付きエビ

R0015353

氷漬けの殻付きエビ。新鮮です。5.99lb 自分で袋につめます。切り身の魚の品揃えもたくさん。

→海老のトマトクリームパスタの作り方紹介
ニンニクみじんをオリーブオイルで香りを出す。玉ねぎみじん切り、えび、えびの殻をじっくり炒める。トマトとコンソメを加えてグツグツ煮て酸っぱさを飛ばす。えびの殻を抜き、生クリームを加える。パスタ、パスタ茹で汁、砂糖、塩こしょうで味を整える。パセリで飾る。

生たこ、イイダコ、生いか、ホタテ、剥きあさり、ムール貝 等。

スクリーンショット 2016-03-05 13.21.18

→生たこはボイルしてマリネ、いいだこはボイルして姿のままたこ焼きに、イカはイカ飯、ホタテはグリル、あさりはクラムチャウダー、ムール貝はワイン蒸し などなど。

切り身のさかな

kirimi

 

一匹まるごとの魚。

無料で内蔵取ってくれます。(写真は3月上旬の品揃え)

R0015340

  • アカネダイ、ゴウシュウキンメ Golden snapper:12.99lb
  • タイ Tai snapper(NZ wild) :9.99lb 鮮度がいい時はお刺身としても食べられるんだとか!!
  • ハサハサ・グルクマ Hasa hasa(wild):7.99lb 見た目はアジに似ているけれど、似て非なるものみたい…
R0015341

  • ブラウントラウト Red Meat Trout(CA farmed);7.99lb
  • シマアジ Trevally(NZ wild):11.99lb
  • マトウダイ John Dory(NZ wild) :11.99lb
R0015342

  • ムキ、シブ  True snapper(MEX wild):7.99lb
  • アメリカチヌ Sea Bream(Greece farmed):7.99lb
  • ホウボウ Yellow Gurnard(NZ wild):11.99lb
R0015343

  • シマスズキ Stripe bass (farmed):6.99lb
  • ヨーロピアンシーバス Branzino(farmed):7.99lb
R0015344

  • スズキ Whole Tilapia(farmed):2,49lb
  • サバヒー Milk fish(TW frozen farm):3,49lb
  • コバンアジ Gokson Pampano(CN frozen farm):3.99lb
R0015345

  • Shiner(wild):4.99lb
  • ウミタナゴ White parch(wild):4.99lb
  • ノルウェーサバ Norway mackerel(wild):3.99lb
  • ニベ Yellow Croaker:4.99lb
R0015346

  • なまず Whole catfish:3.99lb
  • わかさぎ night smelt :3.99lb
  • にしん local herring :2,99lb

切り身の魚、お刺身も少し取り扱っています。

 

インスタ「SFJPblog.cooking」

サンフランシスコの食材を使った料理をインスタグラムにあげています。よかったら遊びに来てください

https://www.instagram.com/sfjpblog.cooking/?hl=ja

 

 

場所

2687 Mission St, San Francisco, CA 94110






ブログ村ランキング↓アイコンをどれか1つクリックして頂けたら、とても嬉しいです。    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんにちは。MARIです。2014年からサンフランシスコに住む男の子ママです。渡米や海外出産子育てなど、私の経験や調べた情報が少しでも誰かのお役にたてたら嬉しいと思いブログを始めました。まだまだ至らないブログですが充実していけるように更新修正していきたいと思います。

今後はアメリカで子育てをして感じる、「日本語英語のバイリンガル教育」「シリコンバレー投資家パパのIT早期教育」「アメリカでのモンテッソーリ幼稚園の教育」を中心にブログを更新していけたら良いなと思っています。よろしくお願いします。

アメリカ食材おうちごはん&子育て記録インスタ https://www.instagram.com/?hl=ja
アメリカ生活ツイッター https://twitter.com/?lang=ja

フォロー、いいね、コメントありがとうございます。励みになります🎶