カテゴリー「 アメリカ子育て 」の記事

54件の投稿

日本街 リトルフレンズ 3歳〜 サンフランシスコのジャパンタウンにあるプレスクールです。トイレトレーニングが終わった3歳から通うことができます。 見学の際はアポイントを取ってから伺いましょう。 私が受けた、この学校の印象 …
アメリカで出産後、日本へ帰国するまでの必要な書類の一覧と写真解説です。 日本への出生届、日本国籍取得 アメリカのSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー) 病院発行のバースサティフィケイト(出生証明) カウンティ(国)発 …
サンフランシスコの図書館を利用してみましょう サンフランシスコ市内には図書館がたくさんあります。赤ちゃんとお出かけに市営の図書館を利用しましょう。身分証明書があれば誰でもレンタルカードを作れますし、様々な無料イベントを行 …
新生児のために私が日本から送ってもらったもの 大抵のものはアメリカでも購入することができますが、安心・安全なこだわりの使いたいものがある場合日本から送ってもらうと良いでしょう。今回は、私が新生児用でアメリカでは購入できな …
①安全なあかちゃんのお菓子(PUFFS) Happy Baby  Superfood  ”Puffs” Nurture Inc. ニューヨークの会社 赤ちゃんの一口サイズにはいる、ボーロサイズのパフのお菓子。口の中ですっ …
あかちゃんが泣きやまない時のアメリカ人の対応 サンフランシスコで子供やあかちゃんを見て驚くのが、みんなおとなしくて育てやすそうなんです。 公共の場で癇癪を起こしているのを見たことがないし、泣きやまないというのもほとんど見 …
海外出産で子供をアメリカ二重国籍に アメリカで出産すると、自動的にアメリカの国籍が付与され日本との二重国籍になります。メリットデメリットをまとめてみました。 ◆アメリカで出産するメリット 子供は二重国籍になる。20歳を過 …
アメリカ出産金額 ◆高額な医療費 出産は日本の国民健康保険は適用外です。よってアメリカの医療保険に入っていなければ全額自己負担しなくてはいけなくなります。 私たちにも、医療保険がなければ約1000万円の請求が病院からきて …
アメリカの水溶けオーガニック粉ミルク アメリカの”幼児用”粉ミルクで一番のオススメ “Baby’s only” 英語のサイトをかなり調査の上、日本アメリカを通して一番安心できる幼児用ミ …
アメリカのベビーミルクのサイトを元に調べました。 ごく普通のママが、我が子の為に英語のサイトを調べた情報です。 あくまでご参考程度に。 私が我が子に使用するのは新生児用はアースベスト、それ以降はアースベストとベビーズオン …
PAGE TOP