カテゴリー「 アメリカ子育て 」の記事

50件の投稿

図書館を利用してみましょう サンフランシスコ市内にも図書館がたくさんあります。赤ちゃんとお出かけに市営の図書館を利用しましょう。身分証明書があれば誰でもレンタルカードを作れますし、様々な無料イベントを行ってくれています。 …
大抵のものはアメリカでも購入することができますが、安心・安全等、こだわりがある場合は日本から送ってもらうと良いでしょう。最近では日本アマゾンが送料一律1300円でアメリカに配送してくれるので、それを活用するのもいいと思い …
①安全なあかちゃんのお菓子(PUFFS) Happy Baby  Superfood  ”Puffs” Nurture Inc. ニューヨークの会社 赤ちゃんの一口サイズにはいる、ボーロサイズのパフのお菓子。口の中ですっ …
サンフランシスコで子供やあかちゃんを見て驚くのが、みんなおとなしくて育てやすそうなんです。公共の場で癇癪を起こしているのを見たことがないし、泣きやまないというのもほとんど見かけません。赤ちゃんの時からの習慣があるのでしょ …
海外出産で子供をアメリカ二重国籍に アメリカで出産すると、自動的にアメリカの国籍が付与され日本との二重国籍になります。メリットデメリットをまとめてみました。 ◆アメリカで出産するメリット 子供は二重国籍になる。20歳を過 …
アメリカ出産金額 ◆高額な医療費 出産は日本の国民健康保険は適用外です。よってアメリカの医療保険に入っていなければ全額自己負担しなくてはいけなくなります。保険に入っていた為40万円程度の自己負担ですみましたが、もし保険未 …
アメリカの”幼児用”粉ミルクで”Baby’s only” 英語の口コミランキング等を見た結果、日本アメリカを通して非常に安心できる幼児用ミルクのひとつとして、私はこれを使い続けています …
息子に安心して粉ミルクを飲ませたくて、英語のサイト等を元に調べました。同じメーカーにもいろいろな種類の似た商品がありますので、ご自身で箱裏の表示を読んで確認してみてください。 私が我が子に使用するのは新生児用はアースベス …
アメリカで安心なベビーミルクを選びたい 赤ちゃんのミルクは英語でFormula(フォミュラ)といいます。日本のものよりも種類がたくさんあって迷ってしまいますので、まずは基本的なミルクの種類を確認しましょう。 形態の違い  …
アメリカでは粉ミルクを水で溶かすことができるものがあります。ペットボトルなどの綺麗な水を加えるだけで加温をせずに作れるんです。 アメリカでは様々なメーカーからミルクが販売されているので迷ってしまいますが、こちらのミルクは …
PAGE TOP