アメリカ国内でのビザの延長

アメリカ国内でのビザの延長

ビザでアメリカに入国し、いつまでアメリカに合法的に滞在できるかを決定するのはI-94です。ビザの有効期日は関係ありません。

例えばビザの有効期限がまだあっても、 I-94に記載された日付がそれよりも前の場合は、 I-94の日付までが合法滞在期間になります。

逆にビザが切れていても、雇用証明書(DS-2019)、学生証明書(1-20)の期限が切れていなければ基本的に合法的に滞在ができます。ただ、ビザの期限が切れたまま、一度アメリカ国外に出てしまうと戻れません。

私のケースはB2観光ビザの有効期限は10年間ですが、I-94の日までに以下の2点のどちらかをしなくてはいけませんでした。

  1. I-94期間内にいったん日本に帰り、再度アメリカ入国する。
  2. I-94期間内にアメリカ国内で滞在延長申請をする場合。

一般的には一旦日本に帰り、再度アメリカに入国する方法ですが、この二つの手段で引き続きアメリカに長期滞在することができます。しかしどちらもいくつかの注意点があります。

 

1、滞在期限内(I-94)にいったん日本に帰り、再度アメリカ入国する場合

頻繁にアメリカに出入国することは入国拒否の可能性があるようです。

私の場合6ヶ月滞在できるB2観光ビザを所持し出入国をしていますが、別室に呼ばれ入国拒否にされかけた事もあります。

2、滞在期限内(I-94)にアメリカ国内で滞在延長申請をする場合

私たちの場合は、主人がアメリカ国籍、私がB2ビザなので、移民弁護士に私の分だけ滞在ステータスを延長してもらう必要がありました。

  • 私のパスポートの顔写真のページのコピー
  • 私のパスポートのビザのページのコピー
  • 私のパスポートの入国スタンプのページのコピー
  • 私のI-94のコピー
  • 書類G-28への私のサイン
  • 書類I-539への私のサイン
  • 英文の婚姻証明書(日本の戸籍謄本を、アメリカの日本大使館に英訳してもらう。数日要。7ドルくらい。)
  • 主人の米国パスポートのコピー
  • 主人の会社発行の直近3ヶ月の収入証明

これらが必要と言われて準備し弁護士に提出しました。私たちの場合は12月12日にビザが切れる予定でしたので弁護士にはその4ヶ月前くらいから相談し、実際動き出すのは11月の頭からと言われました。12月8日に弁護士が書類を提出し、I-539についての手紙が自宅に届いたきりプロセス中となっていますが、ステータスの決定には申請から6-12ヶ月かかるそうです。

参考:移民法相談

 

 

私のケース。ご参考まで。

アメリカ入国 日本→サンフランシスコ(1回目)2014.5:B2ビザ 入国審査官に事情を聞かれる。滞在目的、滞在先、滞在期間、夫の仕事等。弁護士さんから夫の会社の英文雇用証明、英語の日本の口座残高証明書等を持参するようにとの事で書類各種を持参する。滞在約5ヶ月半。
サンフランシスコ→日本 :滞在約2週間
アメリカ入国 日本→サンフランシスコ(2回目):B2ビザ 入国審査官に事情を聞かれる。滞在目的、滞在先、滞在期間、夫の仕事等。弁護士さんから夫の会社の英文雇用証明、英語の日本の口座残高証明書等を持参するようにとの事で書類各種を持参する。滞在約5ヶ月半。
サンフランシスコ→カナダ→NY→サンフランシスコ :Bビザの6ヶ月滞在期限があと2週間で切れるというタイミングにカナダへ。ビザによっては、日本への出国だけではなく、カナダやメキシコなどへ出国をしビザ延長をする方もいるようですが私の所持するB−2観光ビザの場合、この方法でのビザの更新はできないそうです。私が1週間の旅行をした際は、移民弁護士さんからI-94期限内の「アメリカ→カナダ」、「カナダ→アメリカ」、「アメリカ→日本」へのフライトチケットを事前に用意するよう言われました。実際空港の入国審査でもビザが切れそうなことを指摘され、カナダに出ただけではビザの延長にはならないからと念押しされました。 旅行約2週間
サンフランシスコ→日本 :滞在約1ヶ月
アメリカ入国  日本→サンフランシスコ(3回目):B2ビザ 入国審査官に事情を聞かれる。滞在目的、滞在先、滞在期間、夫の仕事、なぜBビザでの入国なのか等。別室へ。そして入国審査員から、空港から出ずにその日の飛行機便で日本に帰国するようにと言われる。準備していた主人の会社からのサポートレター(主人会社からの雇用証明、給与証明等)を見せたり、移民弁護士からプリントアウトするように言われていた法律の書いてある紙(US department of state foreign affairs manual volume 9 Fam 41.31 N14.4 等)を使って合法であることを説明。その用紙がどれくらい入国審査に効果を発揮したのかはわかりませんが、その後審査官がいろいろ電話等で上に確認をしてくれた結果、6ヶ月のアメリカ入国が許可。別室窓口が混雑していたのもありますが2〜3時間くらい待ち。
アメリカ内で延長  移民弁護士さんへ相談し、さらに6ヶ月延長
 サンフランシスコ→日本 :3ヶ月の赤ちゃんを連れて日本へ。滞在約5ヶ月。グリーンカードの手続きを待つが書類が一向に進まない。
アメリカ入国 日本→サンフランシスコ(4回目)2016.11:B2ビザ アメリカ人の夫と一緒に入国審査へ。入国審査官に事情を聞かれる。滞在目的、滞在先、滞在期間、夫の仕事、なぜBビザでの入国なのか等。別室へ。なぜグリーンカードを取らずにBビザなのか等質問される。グリーンカードのプロセスを待っているが手続きが遅いのでもう一度アメリカに入国するが、グリーンカードの手続きを日本のアメリカ大使館で終わらせる為に必ず6ヶ月で日本に帰る旨を伝え、日本への帰りのチケットも提示。入国審査官は「観光ビザでアメリカ3年目というのは観光目的としてはおかしい」と言われる。たしかに。。また、前回滞在を延長する手続きを終えた証明(I-539)が自宅に届いているが、手元にあるか聞かれる。持っていなくても大丈夫だった。
再び6ヶ月の滞在をもらえる。

 






ブログ村ランキング↓アイコンをどれか1つクリックして頂けたら、とても嬉しいです。    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんにちは。MARIです。2014年からサンフランシスコに住む男の子ママです。渡米や海外出産子育てなど、私の経験や調べた情報が少しでも誰かのお役にたてたら嬉しいと思いブログを始めました。まだまだ至らないブログですが充実していけるように更新修正していきたいと思います。

今後はアメリカで子育てをして感じる、「日本語英語のバイリンガル教育」「シリコンバレー投資家パパのIT早期教育」「アメリカでのモンテッソーリ幼稚園の教育」を中心にブログを更新していけたら良いなと思っています。よろしくお願いします。

アメリカ食材おうちごはん&子育て記録インスタ https://www.instagram.com/?hl=ja
アメリカ生活ツイッター https://twitter.com/?lang=ja

フォロー、いいね、コメントありがとうございます。励みになります🎶