アメリカの産婦人科で受けた検査

2016年サンフランシスコの大学病院UCSFの産婦人科で受けたテストやスクリーニングについてです。後から数えたら妊娠発覚から全部で11回通院したようです。その中で特徴的だった検査について記録します。ちなみにエコーは2Dが3回でした。

2ヶ月

UCSFに電話。妊娠13週(3ヶ月)になるまでは初回受診ができないとのことで、1ヶ月後に予約。

3ヶ月

Blood tests 血液検査 肝炎(hepatitis)、梅毒(syphilis)、HIV、再生不良性貧血(anemia)、血液型検査 等
Pop smear and Vaginal cultures 子宮がん検診
Ultrasound Test ウルトラサウンド⑴ エコーで首の浮腫の高さ確認。サイズ確認。
Tuberculosis Screening and Diagnosis during Pregnancy 結核検査 母親が活動性結核の場合、出産後に化学予防やBCGワクチン接種を行わないと、乳児の約半分は生後1年以内に発病すると言われています。
Cystic Fibrosis Carrier Screening 嚢胞性線維症スクリーニング 嚢胞性線維症とは、全身の外分泌腺(肺、膵臓、肝臓、消化管、汗腺、精巣など)の正常なはたらきを阻害する疾患
 Fragile X Syndrome Test 脆弱X症候群テスト 脆弱X症候群とは唯一遺伝性であることが確認されている知的障害

5ヶ月

Ultrasound Test ウルトラサウンド⑵ エコーで性別判明

6ヶ月

Test for Diabetes in pregnancy (Gestational Disbetes) 糖尿病検査 前日夜から断食。空腹時、甘いものをのんで1時間後、2時間後の3回血液採取。血糖値の上がり方を見る。
flu shot 不活性インフルエンザの予防接種
t−dap 破傷風予防注射

8ヶ月

病院内見学、入院退院の仕方指導
Ultrasound Test ウルトラサウンド⑶ エコーで胎児の成長を確認。逆子でないか確認。
Group B Strep in Pregnancy GBS 膣内菌の検査膣内に悪い菌が無いかチェック

陣痛が来て入院。

〜Next お勧めリンク〜

海外での妊娠発覚から出産までで起きたこと

アメリカ産婦人科の生活指導(食の安全、葉酸サプリ、妊婦体重増加、胎児の危険サイン 等)






ブログ村ランキング↓アイコンをどれか1つクリックして頂けたら、とても嬉しいです。    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんにちは。2014年からサンフランシスコに住む男の子ママです。渡米や海外出産子育てなど、私の経験や調べた情報が少しでも誰かのお役にたてたら嬉しいと思いブログを始めました。まだまだ至らないブログですが充実していけるように更新修正していきたいと思います。

インスタ https://www.instagram.com/sfjp.mamamari
ツイッター https://twitter.com/sfjpblog


フォロー、いいね、コメントありがとうございます。励みになります。 普段このブログの管理画面は見ていないのでお仕事依頼等ございましたらインスタDMまで:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP