アメリカ就活で必要だったこと

私が習ったこと、経験したことを元に、アメリカ就職で必要なことを書いていきます。

やること、続けること

1、人の繋がり

サンフランシスコのプロダクトデザイン養成所では、キャリアのクラスがありました。そこでは3ヶ月の在学中、とにかく「コーヒーチャット」をするよう言われました。例えば同業種の先輩、知り合いから話を聞きます。また、気になる記事を書いている方や、気になる企業に勤めている同じポジションの方にコールドEメールを送り(知らない関係の人に突然メールをすること)会ってもらうことを勧められました。自分から進んで動き、自分の歩んでいきたい道の先にいる経験者からお話を聞くことが、なりたい自分に近づく一番の近道だそうです。コーヒーチャットはオンラインでもオンサイトでも構いません。

時間を作っていただいたら必ず感謝の気持ちをお伝えする大事さも教わりました。例えばコーヒー代はこちらが出す、また、私で何かできることはありませんか?と伺うことなどです。感謝の気持ちを伝える事が人と人の関わりとして重要です。

こういった人間関係を作ることは非常に大切ですが、1回の会話の関係性で終わらせず、関係を続けることも大事だそうです。アメリカの転職の多くは紹介で成り立っています。例えばコーヒーチャットから3ヶ月後というのは、人事的にもシチュエーションが変わってきて、ちょうど人が辞めてポジションが空く可能性があるそうです。そんなとき一番に声をかけていただける人間関係でありたいものです。

私は英語コミュ障なので、これは一番苦手なところです。ただ、アメリカで就職活動をしていく中で、頑張っていかなくてはと思っています。

 

2、理想の仕事と自分の立ち位置の把握

まず理想の仕事を書き出します。ジョブタイトル、業界、雇用形態、企業文化等思いつく限り全部です。そしてそういった求人を10個ほど見て応募条件でどのようなスキルが必要かどうかをリストアップします。

すると自分の理想の仕事ではどのような人材が求められているか傾向が掴めてきます。例えばFigmaやCSSなどのスキル面、またコミュニケーション面等ではどうでしょうか。

そして次は、それを今の自分と比べます。足りないところをリストアップし優先順位をつけて学びます。1ヶ月後、一年後、二年後、三年後の自分の到達目標と、それを踏まえてやるべきこといつも頭に入れておきます。

 

3、自信を持つ

一見、自分には手の届かないと思ってしまうような道でも、階段を一段一段登っていけば必ず手が届くものです。1段目を登らないと、その先の道は見えないものです。昔1ヶ月だけ、市の就職活動クラスに参加したことがありました。そこでは、UIUXデザイナーだなんてアラサー子持ちが未経験からなるのは大変だし、デザイナー養成所は辞めて現実的な道を目指した方がいいのではないかと言われました。でも私は、自分のやりたいことを信じて、一歩を踏み出して本当に良かったです。

就職活動では私はデザインを始めたばかりだし、強みなんてなにもない…なんて弱気な気持ちになることもありました。実際スキル面では到底まだベテランには叶いません。しかし、強みとは相対的な事です。デザインを勉強していない人が人類の大半の中、デザインを勉強したらそれはもうスキルです。英語を喋ってアメリカで働いているというのもネイティブでなくたってスキルです。日本語で営業を5年やってきたことだってスキルです。どれも世界一でもなければ完璧なものでなくても、掛け合わせる事でユニークな人材を目指すことが強みとなります。

 

4、情報発信

英語で情報発信をすることは就職につながります。例えばデザイナーにとって一番多いのはミディアムとドリブル、ツイッター等でしょう。それは就職活動にとって大きなプラスである事は間違いがありません。

英語での発信が難しい場合は、まずは日本語からでもいいと思います。発信をするとはライティングの勉強にも繋がります。

 

準備すること

1、リンクドイン

アメリカの転職活動においてリンクドインは必須です。

写真やプロフィールは第一印象に最も左右されます。養成所ではリンクドインの書き方クラスがあったほどで、短く端的に相手に好印象に残すことは重要です。

キャリアの欄で一番書くべき事は、私が仕事で何を成し遂げたかということです。また、リンクドインの推薦文欄は1つでもいいから書いてもらうべきだと習いました。

 

2、求人探し

紹介

  • 人事側も何処の馬の骨ともしれない人を雇うよりも、紹介してもらった人を雇った方が確実だと考えます。前職のつながりやコーヒーチャット等の繋がりから紹介がもらえたら素敵です。

メール

  • どうしても入社したい企業に求人がない場合、企業のホームページに書いてあるメールにレジュメを送ると返信があることがあるくるそうです。熱意が伝わりますし、企業の需要とマッチした場合、新しくポジションを作ってれる場合もあると聞きました。

ウェブ系

  • Crunchbase
    企業を調べる際に便利です。
  • Glassdoor 
    企業を働いたり面接をした際の、会社の評判を書き込むサイトです。職の地域ごと平均年収も見ることができます。
  • インディード
    日本語のアナリストの仕事は、インディードからスカウト頂き、面接に至りました。
  • パソナ
    アメリカでの日本語系の仕事を多数保有しています。
  • リクナビネクスト
    アメリカでの就職活動の求人はほとんどありませんでした。

アナログ系

  • 地域の情報誌
    毎週発行される地元の情報誌のクラシファイドは見逃せませんでした。サンフランシスコのだとベイスポ、Jweekly、びびなびは、毎週楽しみにみていました。私がアメリカ1社目でやった日本食レストランのサーバーの仕事は、ベイスポの求人情報欄で見つけました。
  • 地元の掲示板
    サンフランシスコにじやの掲示板ではレストランサーバーの求人等を多く見かけました。たまにユニークなものもあるので行くたびに注目していました。

3、英語のレジュメ、カバーレター、ポートフォリオ

  • 英文法添削サービスのGrammarlyは、Safari/Firefox/Chromeで 無料で使えます。スペルミス、前置詞の間違い指摘、冠詞のつけ忘れ指摘してくれて最高です。これなしでは生きられません。
  • レジュメやポートフォリオの添削サービスを利用するといいです。もっとカジュアルに添削して欲しい場合は、Wyzantの英語のtutor(家庭教師)さんや、近所の図書館のキャリアセンターのおばあちゃんに添削してもらったこともありました。 Wyzant 2018年の体験談:希望の時間の3時間前に予約をしたにもかかわらず、豊富なジャンルのtutorさんから選ぶ事ができ、予約もメッセージのやりとりも全てオンライン上で、迅速にご対応いただけました。アメリカの面接事情に詳しいと書いてあるアメリカ人に1時間レッスンをお願いしました。私の場合は、レッスンの前にレジュメとカバーレターを先生にお送りし、それを見ながらスカイプで40分ほど英語でテレビ電話をしました。私のレジュメの英語の間違いを直してくれるだけではなく、私の強みを企業にどう押し出したらいのか、どう英語で表現したら良いのかという事まで話しながらコンサルティングしてくださり、残りの20分で赤字で添削したレジュメとカバーレターを送り返してくださいました。
  • デザイナーでの就職の場合は自分がどのようなデザインをしてきたかを示すポートフォリオが必須になってきます。奥が深すぎてここでは書ききれないのでまた別途記事にしたいです。

4、面接の練習

Tell me about yourself からはじまり、なぜこの職を希望するのか、デザインへの考え方などを聞かれます。こちらからの質問も考えておきましょう。

アメリカのデザインの職の場合はホワイトボードチャレンジという面接項目があることが多いです。お題が出されて、制限時間の中で面接官に問題をヒアリングしながらプロダクトを解くというものです。養成所では毎週練習のクラスがありました。

 

5、必要書類

面接が通った後に提出する必要があったのは以下の項目です。

  • グリーンカードの裏・表の写メ (労働ビザ)
  • ソーシャルセキュリティーナンバーカードの写メ
  • 私本人のアメリカの銀行口座の情報
  • 緊急連絡先
  • W-4
  • I-9Form
  • 雇用同意書
  • E-Verify Participation Poster を一読
  • Right to Work Poster を一読
  • 個人情報について
  • 規約等

 

実務経験

職歴を作る

職種を選ばなければ未経験歓迎の職もあるので、「職歴を作る」は最後にしましたが、デザイナーとして転職をする際、最も自分で越え難い壁が、最初の職歴を作ることです。求人を見ていると、アメリカでのデザイン職の殆どは実務経験を求めてきます。日本よりも未経験応募可能案件は確実に少ないです。なので養成所でも、フリーランスでも、ボランティアでも、インターンでもチャンスをいただいて挑戦しましょう。

私の場合は、サンフランシスコのプロダクトデザイナー養成所Tradecraftに行って、シリコンバレーのスタートアップ三社と実務経験を積ませて頂き、履歴書にかける経歴と、ポートフォリオを作りあげました。

 


アメリカ就職体験談

2018年、日系レストランに就職、退社した話

人生初めての英語を使ってお金をもらうことにとても緊張しました。当時全くの未経験の私を雇っていただいたレストランオーナーさんには感謝です。英語での食べ物の説明、お客さんとの雑談、アメリカ流の席担当は私にとって楽しかったです。また初めての体験もたくさんさせてもらいました。コインランドリーでクオーターを入れて洗濯をしたり、ゴミを分別して捨てたり(我が家はシューターなので、全て一つの穴に入れて業者が仕分けするのでよく知りませんでした)、帰宅のためにウーバーを呼んだり(子供もいるのでいつもはバス移動でした。ナンバープレートを見て正しい車かを見つけるのはなるほどと思いました)。最も衝撃だったのはチップでした。時給15ドルに追加で経験年数に応じてチップを頂くことができて、その額がベテランさんだと時給をはるかに上回るそうです。
2歳の子持ちがレストランで働くのは2ヶ月が限界でしたがやらせていただいて幸せでした。そしてこの経験がなかったら日系アナリストの仕事に応募する勇気は出なかったと思います。

2018年、日本語系アナリストとして就職、退社した話

インディードさんからの紹介で、日本語系アナリストの仕事をさせていただくことになりました。面接はリクルーターさんと英語面接一回、実際働く上司と英語と日本語で1回でした。就職活動を始めるにあたって、5社レジュメを出させて頂きましたが、1社からは音沙汰がありませんでした。しかし、かなり時間差があったものの4社から採用して頂くことができました。就職は企業側のタイミングも大事なので、ご縁がなくても一喜一憂せず就職活動を続けるのが大切なのかと感じました。企業は人が欲しいから求人していることが多いので、いますぐ来れる?と問われることが多いように感じました。

とても恵まれた環境と、優しい皆さんのおかげで楽しく6ヶ月続けさせてもらい、アメリカでも働けるんだという自信を得ました。デザイナーへの転向のために退社を決断しましたが、もしデザイナーになれなかったとして挫折したとしても、日系の仕事だったらきっとまたいつでも雇ってもらえるだろうという心の支えにもなりました。この経験がなかったらデザイナーに挑戦しようだなんて勇気は出ませんでした。

 

2019年、デザイナー養成所に入学、卒業した話

面接とプロジェクト提出をする事で入学させて貰えることになりました。嵐のような3ヶ月、同期や仲間と共にプロジェクトを進めました。私の時はデザイナーコース5人、グロースコース3人でした。経歴は様々で、スタートアップを立ち上げたことのある人、金融系のエンジニア、研究者、先生など、様々なバックグラウンドの人たちが集まってプロジェクトを進めました。

まず、スタートアップ関連の知識、自己管理の仕方、デザインの知識、キャリアの築き方等様々なカリキュラムを学び、その後、サンフランシスコのスタートアップとのデザインプロジェクトを3社とやらせていただきました。

仲間と共に追い詰められながらもデザインのことだけを朝から夜まで考えた3ヶ月は、オンサイトでの養成所の良かったところだと思います。

 

2019年、デザイナーとして就職した話

養成所を卒業後、デザイン職だけにこだわって就職活動しました。面接は英語のみで、ポートフォリオのプレゼンテーションや、質疑応答に答えるものでした。募集要項には、当時の私には手の届かないような項目(コーティング系)もたくさんありましたが、それらのスキルは1年以内に学ぶ目標で、ジュニアとして採用していだきました。

デザイナーとして就職したことで、今の自分に何が足りないのがが本当によくわかりました。苦しいですが、今後なんとか乗り越えていかなくてはいけません。社会に求められることがどれだけ高い位置にあるのかは、就職して実務を経験して初めて分かることです。そういった意味でも、背伸びをしたチャレンジを経験させていただいている会社には感謝です。少しでも多く会社に貢献できるよう、頑張ります。

人との繋がりは大切なのだと、改めて感じさせられる日々でもありました。共に戦った同期、素晴らしいアドバイスをくださった先生、大先輩、コーヒーチャットをしてくださった方々、本当に皆様に感謝です!


2014年に夫の駐在の帯同でサンフランシスコに渡米し、4年間の無職期(非労働ビザ+子育て)を経て、2018年、就労ビザであるグリーンカードを取得しました。

[日本職歴]
-金融系営業 5年

[アメリカ職歴]
2018-日本食レストランのサーバー
2018-日本語を活かしたアナリストの仕事
2018-プロダクトデザイナー養成所でスタートアップ3社とコントラクター
2018-エンタープライズ系にてUIUXデザイナー 現在

未経験からデザイナー職にキャリアチェンジしたときの5つのこと






ブログ村ランキング↓アイコンをどれか1つクリックして頂けたら、とても嬉しいです。    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんにちは。2014年からサンフランシスコに住む男の子ママです。渡米や海外出産子育てなど、私の経験や調べた情報が少しでも誰かのお役にたてたら嬉しいと思いブログを始めました。まだまだ至らないブログですが充実していけるように更新修正していきたいと思います。

インスタ https://www.instagram.com/sfjp.mamamari
ツイッター https://twitter.com/sfjpblog


フォロー、いいね、コメントありがとうございます。励みになります。 普段このブログの管理画面は見ていないのでお仕事依頼等ございましたらインスタDMまで:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://sf.givneex.com/newjob/trackback/

PAGE TOP