駐妻がアメリカで初めて就職活動してみた

駐妻がアメリカで初めて就職活動してみた

私は2014年からサンフランシスコに住み2歳の子供がいるママです。日本で5年働いたのち、4年の駐妻生活を経て、この度また社会に出る事になりました。2ヶ月の就職活動の末なんとか就職させて頂くことになりましたので、私が初めてのアメリカでの就職活動をする中でやってよかった事を記録しておきたいと思います。

企業にレジュメを送るまでにやったこと

★インディードへの登録、スカウトをチェック

私はインディードにレジュメを乗せておいたら、スカウトのメッセージを頂き、最終的に働かせてもらうことになりました。アメリカではリクルーターさんがレジュメが企業応募条件があった場合頻繁にスカウトメールを送ってくれるようです。

新しい求人情報が常に出るので見逃せません。私は検索の「What」の項目に「Japanese」を入れて、日本語と英語に関わるIT企業を希望して就職活動をしていました。

★リンクドインへの登録、スカウトをチェック

アメリカで働くにはリンクドインも必須のようです。とりあえず私もレジュメや顔写真のアップなど、面接企業様から見られても恥ずかしくないくらいには整えておきました。今後も随時更新していきます。アメリカではリクルーターさんがレジュメが企業応募条件があった場合頻繁にスカウトメールを送ってくれます。

 

地元の情報誌のクラシファイドサイト、日本町の掲示板にアンテナを張る

毎週発行される地元の情報誌のクラシファイドは見逃せませんでした。サンフランシスコの情報誌だとベイスポ、Jweekly、びびなび。掲示板は日本町のにじやマーケットには注意して見ていました。今回タイミングは合いませんでしたが、魅力的な求人が日々更新されています。

 

アメリカで活動してくださっているリクルーターへの登録

リクルーターさんにレジュメをお送りし要望を伝えておくと、いくつか実際にお仕事を紹介してくださいました。私がお世話になっている会社は以下の3社です。

  • インタープレイス
  • パソナ
  • Glassdoor 企業を働いたり面接をした際の、会社の評判を書き込むサイト

 

リクナビネクストに登録

もともと登録してありましたが、古くなっていたので情報を更新しました。日本が中心のサイトなので、私が就職活動をする上ではサンフランシスコ周辺の勤務地の求人はありませんでしたが、海外の求人はいくつかありました。ただ必須項目にアメリカと書いているのにオファーメッセージは日本勤務が必須の仕事や、インドなど関係ない地域での求人で、今回はご縁がありませんでした。

 

 

英語のレジュメ、カバーレターを書く

★Wyzant によるオンラインtutor

今回就職活動をしてみて何より助かったのが、英語のtutor(家庭教師)さんです。

まず、インターネットの情報と主人の助けを元に、私なりに全力でレジュメとカバーレターを仕上げました。レジュメにはテンプレートでSUMMARY・EXPERIENCE・EDUCATION・ADDITIONAL INFORMATION 項目を。カバーレターには応募企業に対する熱意を書きました。

その後、Wyzant というサイトを使ってアメリカの面接事情に詳しいと書いてあるアメリカ人に1時間レッスンをお願いしました。

tutor希望の3時間前に予約をしたにもかかわらず豊富なジャンルのtutorさんから選ぶ事ができ、予約もメッセージのやりとりも全てオンライン上で、迅速にご対応いただけました。

私の場合は、レッスンの前にレジュメとカバーレターを先生にお送りし、それを見ながらスカイプで40分ほど英語でテレビ電話をしました。私のレジュメの英語の間違いを直してくれるだけではなく、私の強みを企業にどう押し出したらいのか、どう英語で表現したら良いのかという事まで話しながらコンサルティングしてくださり、残りの20分で赤字で添削したレジュメとカバーレターを送り返してくださいました。

ちなみに私は Windell C. さんに1時間25ドルでお願いしました。

 

★Grammarly英文法チェックソフト

Safari/Firefox/Chromeで 無料で使えます。英語の文法にまだ自信のない私にとって感動のソフトです。スペルミス、前置詞の間違い指摘、冠詞のつけ忘れ指摘など、これ無しには英語を書けなくなってきています。レジュメ作成以外にも日常的な英作文でも相当な時短になります。他にもGingerや1Checker等、色々あるみたいなので、英語が自信がない方は近代文明ソフトをインストールしておくことをお勧めします。

 

市がやっているレジュメ添削制度を利用する

私は今回時間がタイトだったので利用しませんでしたが、市が無料でキャリアコンサルをしてくれるようです。無料なら利用しない手は無いですね。

 

書類系

私は2018年にグリーンカードに切り替わったので就職活動を始めました。面接が通った後に提出する必要があったのは以下の項目です。

  • グリーンカードの裏・表の写メ
  • ソーシャルセキュリティーナンバーカードの写メ
  • 私本人のアメリカの銀行口座の情報
  • 緊急連絡先
  • W-4
  • I-9Form
  • 雇用同意書
  • E-Verify Participation Poster を一読
  • Right to Work Poster を一読
  • 個人情報について
  • 規約等

 

アメリカで就職活動を経て、個人的な感想

私は今回5社レジュメを出させて頂きましたが、2社からは音沙汰がありませんでした。求めらている人材に達していなかったのは大きな要因かと思いますが、就職は企業側のタイミングも大事なのでご縁がなくても一喜一憂せず就職活動を続けるのが大切なのかと感じました。企業は人が欲しいから求人していることが多いので、いますぐ来れる?と問われることが多いように感じました。ご縁ですね。

また、人との繋がりは大切なのだと、改めて感じさせられる2ヶ月でもありました。貴重な体験談を教えてくださった大先輩や、助言・励ましをくださった皆様に感謝です。アメリカで初めてのお仕事頑張ります






ブログ村ランキング↓アイコンをどれか1つクリックして頂けたら、とても嬉しいです。    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんにちは。MARIです。2014年からサンフランシスコに住む男の子ママです。渡米や海外出産子育てなど、私の経験や調べた情報が少しでも誰かのお役にたてたら嬉しいと思いブログを始めました。まだまだ至らないブログですが充実していけるように更新修正していきたいと思います。

今後はアメリカで子育てをして感じる、「日本語英語のバイリンガル教育」「シリコンバレー投資家パパのIT早期教育」「アメリカでのモンテッソーリ幼稚園の教育」を中心にブログを更新していけたら良いなと思っています。よろしくお願いします。

アメリカ食材おうちごはん&子育て記録インスタ https://www.instagram.com/?hl=ja
アメリカ生活ツイッター https://twitter.com/?lang=ja

フォロー、いいね、コメントありがとうございます。励みになります🎶