海外出産で子供をアメリカ二重国籍に。メリットデメリット。

海外出産で子供をアメリカ二重国籍に

アメリカで出産すると、自動的にアメリカの国籍が付与され日本との二重国籍になります。メリットデメリットをまとめてみました。

◆アメリカで出産するメリット

  • 子供は二重国籍になる。20歳を過ぎたら日本から国籍選択の義務を言われるが、実際アメリカの国籍を捨てるのは問題難しいので、そのまま維持している人が多い https://japanese.japan.usembassy.gov/j/acs/tacsj-dual.html
  • 子供はビザなしでアメリカ出入国が可能なのでアメリカ滞在期限が無い
  • 子供は将来アメリカで働ける
  • 子供にミドルネームがつけられる
  • 親もグリーンカードが取りやすくなる 諸条件あり

◆二重国籍のデメリット

  • 税金をアメリカに納めなくてはいけない。日本で収入を得ていても$95000を越えた分から、アメリカにも納税しなくてはいけない
  • 日本で公務員になれない、政治家に立候補できない
  • アメリカ国籍離脱は難しい
  • 徴兵制もあるかも

 

◆注意点

①入国拒否

日本の妊婦さんで、出産のためにアメリカ本土・ハワイに入国を考える方もいるようです。アメリカはそういった国籍目的の入国を嫌いますので入国拒否になる可能性が高いです。そうなったら大きなお腹でもアメリカの空港に着いてからとんぼ返りです。無謀すぎるのでやめておきましょう。

②出産時の高額な医療費

出産は日本の国民健康保険は適用外です。私自身、保険がなければ約1000万円の請求がきていました

病院からの保険会社への請求 約1000万
保険会社が病院と交渉して、保険会社から病院への支払いが400万
そこから私たちの実費は10パーセントで40万です。

私たちは海外赴任者用の最も月々の保険料が高い医療保険プランだったので自己負担は10%で済みました。保険によっては月々の保険料によっては20%、30%の負担もあります。

③日本からの出産一時金

日本の会社で健康保険組に加入していれば、海外の出産でも出産一時金は40万円ほどもらえます。会社の健康保険組合に加入していない場合、住民票が入っていないと国民健康保険には加入できないので、一時金はもらえません

アメリカの医療保険に入っていないと大変なことになります。

 

アメリカでの出産をする一番現実的安全な方法は、現地のアメリカ人と国際結婚し出産する、旦那様が日本の会社からアメリカに駐在してその期間内に出産する、と言うことではないでしょうか。

 

〜Next お勧め記事〜
アメリカの医療保険制度
アメリカ産婦人科 『必須英単語』
アメリカであかちゃんを産む時の準備書類(出生届・SSN等)・必須手続き





ブログ村ランキング↓アイコンをどれか1つクリックして頂けたら、とても嬉しいです。    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こんにちは。MARIです。2014年からサンフランシスコに住む男の子ママです。渡米や海外出産子育てなど、私の経験や調べた情報が少しでも誰かのお役にたてたら嬉しいと思いブログを始めました。まだまだ至らないブログですが充実していけるように更新修正していきたいと思います。

今後はアメリカで子育てをして感じる、「日本語英語のバイリンガル教育」「シリコンバレー投資家パパのIT早期教育」「アメリカでのモンテッソーリ幼稚園の教育」を中心にブログを更新していけたら良いなと思っています。よろしくお願いします。

アメリカ食材おうちごはん&子育て記録インスタ https://www.instagram.com/?hl=ja
アメリカ生活ツイッター https://twitter.com/?lang=ja

フォロー、いいね、コメントありがとうございます。励みになります🎶