タグ「 病院 」の記事

15件の投稿

日本語看護士付きで受診可能な病院 サンフランシスコ市内、ディグニティヘルスの 「Saint Francis Memorial Hospital (聖フランシス記念病院) 」へ、受診してきました。アメリカでは引っ越したらま …
小児歯科。サンフランシスコ市内で日本人の先生へ。 14ヶ月のうちの息子もようやく歯医者さんへ行ってきました。お友達にオススメしてもらったサンフランシスコ市内にある日本人の女性の先生のいる小児歯科へ。 Orthodonti …
アメリカで日系の歯医者 詰め物が取れてしまった為、サンフランシスコで歯医者さんへ行くことになりました。 下記を読んでいただいても、歯医者問題は解決していないのでお役に立てないかもしれませんが、一応ご報告です。 アメリカの …
アメリカで無痛分娩・帝王切開 私は2016春、サンフランシスコの大学病院で第一子を出産しました。 アメリカでは無痛分娩が主流とのことを聞いていましたし、安全で痛くない方法を選択できるのならと無痛分娩を選択しました。 実際 …
アメリカ出産金額 ◆高額な医療費 出産は日本の国民健康保険は適用外です。よってアメリカの医療保険に入っていなければ全額自己負担しなくてはいけなくなります。保険に入っていた為40万円程度の自己負担ですみましたが、もし保険未 …
日本人でも安心して通院できるアメリカの病院はどう見つけるの?と質問を受けました。 ◆無料の通訳サービス まず語学面ではたとえ英語がほとんど分からなくても全く問題がありません。病院にお願いすると、無料で通訳さんが来てくれる …
アメリカの産婦人科では入院期間がとても短いです。普通分娩で1泊(多くて2泊)、帝王切開で3−4泊が一般的だそうです。また、環境も違うので持ち物も日本とは少し変わってきます。快適に入院生活が送れるように事前にしっかり準備し …
日本ベイクリニック初診 妊娠5週 私が産婦人科に受診したかった2015年5月の時点でサンフランシスコ市内で日本語を話せる産婦人科の先生はおらず、子宮外妊娠かなど、どうしても心配になってしまったので、まず私が加入の民間保険 …
◆バースプランとは? バースプランとは、自分が理想とする出産へのイメージに少しでも近づけるように事前に希望を書き出し、お産当日に病院へ持く書類のことです。失敗しないためにも事前にじっくり赤ちゃんに対する思いを込めて書く …
アメリカ産婦人科医が指摘する妊婦生活 妊娠中に絶対にやってはいけないもの (アメリカの産婦人科からもらった冊子より) コカイン、クラック、ヘロイン、メタドイン・・・最も危険です。赤ちゃんもお腹の中で影響を受け中毒になりま …
PAGE TOP